バッハ

Johann Sebastian Bach (1685〜1750)

ドイツ生まれ。バロック時代最大の作曲家で、「音楽の父」と称されています。バッハ家は代々音楽家の家系であり、 バッハ姓の作曲家は多く、ヨハン・ゼバスティアンは「大バッハ」とも呼ばれています。幅広いジャンルにわたって作曲を行い、 その中でも、特に宗教音楽と独創的な傾向が強い器楽曲が優れているといわれています。 その作風は、現代音楽にも応用されるものがあります。
ベートヴェンは、バッハの偉大さを「バッハは、小川にあらずして大洋である」 という言葉で讃えています。

バッハ おすすめ楽曲

「G線上のアリア」管弦楽組曲第3番ニ長調

「目覚めよと呼ぶ声がする」カンタータ第140番 第4曲

「アリオーソ」

「主よ、人の望みの喜びよ」

管弦楽組曲第2番

ブランデンブルグ協奏曲

ゴールドベルグ変奏曲



Copyright (C) 癒しのクラシック音楽. All Rights Reserved.