ベートーヴェン

Ludwig van Beethoven (1770〜1827)

ドイツ生まれ。ルードヴィヒ・ヴァン・ベートーヴェンの父は、宮廷のテノール歌手で、 モーツァルトのような天才音楽家をめざし、ルードヴィヒに音楽教育をしています。 ルードヴィヒもモーツァルトにあこがれ、モーツァルトに会って即効演奏を聞いてもらっています。 27歳ごろから聴覚の異常を感じ、その後、難聴という障害をもちながら、57年の生涯で、9曲の交響曲を書いています。 この数は、ハイドンやモーツァルトに比べるとかなり少ないといえますが、ハイドンやモーツァルトの書いた 古典的な交響曲とはちがい、ロマン派のさきがけとなる作品が作られています。

ベートーヴェン おすすめ楽曲

「田園」交響曲第6番ヘ長調作品68第1・2楽章 

「悲愴」ピアノ・ソナタ第8番ハ短調作品13

「熱情」ピアノ・ソナタ第23番へ短調作品57

「月光」ピアノ・ソナタ第14番変ハ短調作品27−2

「エリーゼのために」

「英雄」交響曲第3番

「皇帝」ピアノ協奏曲第5番

「ラブモフスキー第3番」弦楽四重奏曲第9番

「スプリング」ヴァイオリンソナタ第5番

ロマンスト長調

「ハーブ」弦楽四重奏曲第10番

交響曲第7番

「ロマンス」

第9交響曲


Copyright (C) 癒しのクラシック音楽. All Rights Reserved.