ハイドン

Franz Joseph Haydn (1732〜1809)

オーストリア生まれ。「交響曲の父」、「弦楽四重奏曲の父」といわれるハイドンは、107曲という膨大な数の交響曲や、 80曲余りの弦楽四重奏曲を作曲しています。  交響曲の要といわれるソナタ形式を完成の域まで高め、さらに急緩急の3楽章からなるオペラ・シンフォニーに、メヌエットを加えて 4楽章の古典交響曲の形を確立しました。

ハイドン おすすめ楽曲

「セレナーデ」弦楽4重奏曲ヘ長調作品3の5 第2楽章

「ロンドン」交響曲第104番ニ長調

「時計」交響曲第101番ニ長調

「驚愕」交響曲第94番ト長調

交響曲第88番ト長調



Copyright (C) 癒しのクラシック音楽. All Rights Reserved.